「損害保険代行業務」はシティビルサービス札幌に必要?

損害保険代行業務というのは一見するとアパート経営などには無関係に思えます。

果たしてシティビルサービス札幌が掲げる業務の意味は何なのか考えてみましょう。

◎損害保険と大家にはどんな関係がある?

シティビルサービス札幌の事業概要をみると、その1つに「損害保険代理店業」というのがあります。

損害保険というのは、自分が所有している建物が毀損されてしまった場合、あるいは逆に入居者や近隣住民に、建物が原因で毀損させてしまった場合に実施される保障制度です。

火災保険とは違うものですが、保険商品によってセットになっているものもあります。

シティビルサービス札幌はそれら一式を斡旋・実施する業務を行なっています。

◎現実は想定外の出来事が日常茶飯事。

現実にアパートやマンション経営を行なっていると、想定外の出来事が日常的に起ってきます。

たとえば入居者が室内で自殺してしまった、孤独死してしまったといった事案も急増しています。

損害保険が適用されるかどうかはわかりませんが、こうした事柄からオーナーを守り適切にサポートするのもシティビルサービス札幌の仕事になっています。

◎サラリーマン大家の頼みの綱でもあるシティビルサービス札幌。

丸投げで損保も含めて面倒をみてもらえます。

実際にアパートやマンション経営をやってみて、こんなはずではなかったと悲鳴を上げているのがサラリーマン大家です。

損害保険など関係ないようにみえる業務代行も実際には不可欠なもの。

サラリーマン大家には、一式をシティビルサービス札幌に丸投げして左うちわを決め込みたい人が多くいます。