賃貸物件のマネジメントとコンサルティングとは?

シティビルサービス札幌が業務の1つとしている賃貸物件のマネジメント・コンサルとは具体的にどんな業務なのでしょう。

一般論として考えてみましょう。

◎もっとも多い相談事は空室対策・入居者募集。

賃貸アパートやマンションなどを経営しているオーナーの最大の課題は、空室率を限りなくゼロに近づけて収益性を高めることにあります。

つねに満室状態であるオーナーが、わざわざ手数料を払って、シティビルサービス札幌に業務委託することはありません。

どうすれば空室がなくなるか、どうすれば質の良い入居者を集められるか、そのようなことを総合的に考えて立案・実施するのがマネジメントの代行業です。

オーナーからすれば空室は深刻な問題です。記事Pickup!⇒http://toyokeizai.net/articles/-/127463

◎コンサルティングは想像以上に広域。

シティビルサービス札幌にあるもう1つの業務、コンサルティングとは上記に示した事柄を含む、もっと広い分野でのオーナーの相談事に答え、必要に応じて措置を実行します。

たとえば入居者のAは近隣とのトラブルが絶えない、家賃を滞納するなど。

外装がボロボロになってきたが耐震やセキュリティを含めてどうしたら良いかなど諸々の相談にアドバイスする仕事です。

想像以上に広い範囲です。

◎マネジメントにもコンサルにも厳密な線引きはありません。

シティビルサービス札幌が、その都度オーナーの要望に応えるというのが実際です。

マネジメントやコンサルは、領域を決められるほど硬直化した業務ではありません。

オーナーの要望にあわせて縦横無尽に対応し、シティビルサービス札幌がもっている機動力をフル稼働させるというのが実際です。