フランチャイズに加盟したシティビルサービス札幌

シティビルサービス札幌は、なぜフランチャイズ店となったのでしょうか?そこにどんなメリットがあるのか考えてみましょう。

◎潤沢な不動産情報の確保が第一。

シティビルサービス札幌のように不動産のマネジメント業務代行を主体とする会社は、情報量の多い少ないによって圧倒的な優劣がついてしまいます。

たとえば入居希望者が求める物件が東京の一部地域に限っているわけでもないし、神奈川や千葉など首都圏や周辺地域に限られているわけでもありません。

日本全国、どこから来たお客様でも、どこに住みたいと希望するお客様にも、潤沢な物件情報を提供する必要があります。

フランチャイズであるP店は、全国を網羅する仲介ショップなので、加盟によってそうした前提をクリアすることができます。

◎全国規模だからこそ生まれる好循環。

さらにいえば、アパートやマンションをもっているオーナーさんも全国に広がっています。

「北海道しかやらない、東京だけに限定」というようなシティビルサービス札幌であったとしたら、お客様の足は遠のいてしまいます。

とりあえずシティビルサービス札幌に相談すれば何とかなると思ってもらえる環境づくりが大事になります。

◎エリアが広いほど知名度が上がり利用者が増える。

その原則をシティビルサービス札幌は現実のものにしています。

フランチャイズ店として自前の店舗をもつことで、シティビルサービス札幌には多くのお客様から大量の不動産情報がもたらされ、それがまた営業の武器になります。

規模と質とサービスの満足度を高めているのがシティビルサービス札幌です。

◇注目記事◇知られざるシティビルサービス札幌基本情報